Uncategorized

酵素の正体とダイエットへの効果とは?

投稿日:

読者の皆さんは、「酵素(こうそ)」の正体とその働きについて知っていますか?

耳にしたことがある方や、ダイエットと関係しているのか少し関心を寄せている方もいると思います。今回は、予備知識が全くない人でも理解できるくらいに易しく酵素の解説をしていきます。

酵素には3つの種類がある!

酵素は、あらゆる生物が生命活動を行う上で欠かせない物質であり、タンパク質から構成されています。およそ3000種あると言われていますが、

  • 代謝酵素
  • 消化酵素
  • 食物酵素

の3つに大きく分類することができます。代謝酵素と消化酵素の2つは体内で生成され、食物酵素は食べ物から摂取されます。それでは、それぞれの酵素が体内でどのような働きをしているのか見ていきましょう。

1. 肥満防止のカギは代謝酵素にあり!

身体は、糖質と脂質をエネルギーに変換しています。しかし、食事を摂っただけでは取り込んだ栄養素をエネルギーに変えることはできません。代謝酵素は筋肉や臓器に存在し、体にスイッチを入れる働きをしています。代謝酵素がきちんと働く体は、代謝効率に優れ、肥満になりにくいんですよ!

2. 栄養の吸収をサポート!消化酵素

食事によって、タンパク質・炭水化物・脂質を摂取した場合それぞれアミノ酸、ブドウ糖、脂肪酸といった細かいサイズにまで分解しなければ吸収することは不可能です。そこで、胃や小腸に存在する消化酵素が、これらの栄養素を分解する役割を担っているのです。加えて、有毒な物質を汗や尿へと排出する役割や体の悪い部分を修復し、病気を治す役割、免疫力を高める役割も担っています。

3. 酵素は体の外からも!食物酵素

体内では作られるのではなく、食べ物から取り入れられる食物酵素の役割は、消化酵素と同様に、食物に含まれる栄養素を細かく分解することです。

ただ、この酵素が最も機能する温度は50℃あたりであり、火を通してしまうと、酵素の働きは失われてしまう、という注意点ですね!!

卵の透明でトロトロした白身が、熱を通すと白く固まるように、構造が変化してしまうのです。そのため、魚や野菜、フルーツ等を生で食べた時のみ、多く取り入れることが可能です。

酵素不足が招く結果とは?

消化酵素が不足してしまうと、摂取した栄養成分を消化する機能が低くなり、体内に吸収されにくくなります。また、代謝酵素が足りないと、取り入れた栄養素を効率的にエネルギーに変換することができず、疲労が出やすくなってしまいます。

さらに、せっかく取り込んだ栄養素を代謝できないとなると、脂肪の蓄積が起こり、太りやすくなってしまいます。酵素の不足が、栄養不足と体力低下に繋がり、疲れやすくて太りやすい体になるリスクが高まります。また、酵素の不足は、様々な病気を引き起こす血液の汚れに繋がるとも言われていることからも、酵素は健康的な生活を送るために不可欠なものであることが分かります。

どのような人が酵素不足になりがち?

研究によって、酵素を生成する能力は、遺伝子によってあらかじめ決まっており、限界があるということが明らかになりました(個人が固有に持っている、生涯作ることが可能な一定量の酵素のことを潜在酵素と呼びます)。

おまけに年を重ねると、若かった頃と比較して、使える酵素の量は減っています。特に、40代になると20代と比べ半分ほど、60代ではなんと約3割の量しか酵素を生成できなくなってしまいます。やっぱり年には勝てませんね(泣)。不足した酵素を食べ物から補うことは欠かせません。年を取っても多くの酵素を使えるような食生活を送ることがポイントとなります。

あなたはしてない?!酵素を無駄にする食生活

  • 生の野菜やフルーツをあまり食べない
  • 焼き肉、揚げ物、ラーメンなど脂っぽい食事が多い
  • 甘いものをよく食べる
  • インスタント食品やファストフードを頻繁に食べる
  • 寝坊などが原因で、食事の時間をあまり確保できていない

こんな食生活は、油分や砂糖の過剰摂取に繋がり、それらを体内で分解するために多くの酵素を消費してしまいます。また、酵素が活性化し、胃の活動が活発になる時間帯は、昼から夕方にかけてピークを迎え、21時以降には弱くなります。夕食の時間が遅い人は、消化不良によって酵素を無駄にし、胃に負担をかけることになってしまいます。体内で作られる酵素の量が限られているのであれば、食物酵素を効率的に摂取して、体の中の酵素の量を増やすことは欠かせません。

酵素を含む食品

それではいったい、どういった食べ物が酵素を多く含んでいるのでしょうか。

野菜・フルーツ

まず、野菜には食物酵素が豊富です。熱による失活を防ぐため、生野菜を食事に取り入れることをオススメします。

酵素をたくさん含む野菜には、以下のようなものが挙げられます。

ダイコン、キャベツ、タマネギ、セロリ、ニンジン、トマト、キュウリ、ブロッコリー、ヤマイモ、ニンニク、ショウガ

また、フルーツにも酵素が多く含まれています。食後ではなく、食事の1時間ほど前に食べることで、食事中にタンパク質が容易に分解されるようになります。

以下のようなフルーツが酵素を豊富に含んでいます。

リンゴ、バナナ、パイナップル、キウイフルーツ、アボカド

発酵食品

発酵食品が発酵するプロセスで、いろいろな酵素が発生します。加えて、酵素の働きをサポートする乳酸菌も多く含まれているので、積極的に食べてみてください。動物性乳酸菌を含む牛乳やチーズ、ヨーグルト、植物性乳酸菌を含んだ納豆や漬物、ぬか漬け、キムチ、甘酒、味噌が代表的な発酵食品として挙げられます。

特に、植物性乳酸菌は胃酸の影響を受けにくく、腸まで到達しやすいため、イチオシです。また、これらの発酵食品には、細胞の代謝を妨害し、エネルギーを効率的に利用する機能も阻害する活性酸素を不活化させる抗酸化作用を備えています。抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを豊富に含む食べ物と併せて食べることで、体の酸化防止と細胞の保護ができます。

細胞を守ることは、効率的に代謝を行う痩せやすい体づくりに繋がります。

酵素力向上のために加えて摂取したいもの

酵素を正しく働かせるために日常的に取り入れられたいのが、食物繊維です。食物繊維を摂取することで、コレステロール値を安定させて血糖値が急激に上がるのを抑制し、糖尿病が予防・改善されることが期待できます。同時に、腸の状態を整えられるため、酵素が活発に機能するようになります。

睡眠

睡眠は脳や体を休ませる時間であるとともに、活動時に使用する酵素を準備する時間でもあります。朝から酵素がきちんと働く状態にするためにも、0時までには就寝し、7時間程度の睡眠をとりましょう。

酵素パワーで健康に

体内の酵素を活用することで、身体の働きをスムーズにし、毎日ありあまるくらい元気に過ごせるようになります。酵素の無駄にしない食生活を心掛け、食物酵素の力を活用して、健康的な日々を送りましょう。

-Uncategorized

Copyright© ラクビ口コミと効果と副作用ワイルド2019 , 2019 All Rights Reserved.