酵素サプリを飲むべき世代とは?酵素のピークは20代!

今話題の酵素サプリですが、健康やダイエットの為には年齢にかかわらず飲んだ方がいいのでしょうか?

酵素サプリといえば、ビタミン・ミネラルが豊富で代謝を上げてくれるイメージがありますよね。基礎代謝が高い10代でも飲んだ方がいいのでしょうか?代謝が落ち始める30代では?

そんな疑問に答えるべく、10代から40代までの世代別に酵素サプリの必要性と摂り方をご紹介します!

10代には必要ない!?

人の体内には生まれながらに持つ「潜在酵素」というものがあります。さらに、潜在酵素には「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類があります。

  • 消化酵素→食べた物を分解する
  • 代謝酵素→分解された食べ物をエネルギーに変える

この2つの潜在酵素の量は20代でピークを迎え、その後は加齢とともに減少すると言われています。

ということは、10代のうちは酵素サプリで酵素をとらなくても、体の中に酵素がたっぷりとあるんですね。

なので、10代のうちは酵素サプリを摂る必要はなさそうです。

20代は潜在酵素がピークのはず!?

10代の項目で説明しましたが、潜在酵素は20代でピークを迎えます。ですが!20代になると生活環境が大きく変化する人がほとんどではないでしょうか?

それは、就職や一人暮らしによる変化です。潜在酵素は夜、寝ている時に「明日の分の酵素」が作られます。

  • 生活環境の変化で睡眠不足
  • 一人暮らしで乱れた食生活

これらのことにより、体内の酵素が不足することもあるのです!

成長期の10代を越えて、成熟の20代になるわけですから、美容・健康意識の高い人は酵素サプリで酵素を補った方がよいかもしれませんね。

代謝ダウンを実感の30代!

30代になると、お肌やプロポーションが変わってきた!と実感する人が多いですよね。

  • 吹き出物や傷の治りが遅い
  • 体重が増える一方で痩せられない

これは「30代あるある」ですね・・。

20代に比べると30代では基礎代謝がグッと落ちてきます。代謝が落ちるということは、食べた物がエネルギーとして使いきれず、ぜい肉として体に残ります。そして、肌のターンオーバーも乱れてなんとなく肌の調子が悪くなる・・。そんな悪循環ですね。

なので、意識的に酵素サプリを摂る必要があります。酵素サプリに含まれる豊富なビタミンやミネラルは代謝アップに繋がります。そして、普段の生活の中ではなるべく体を動かしましょう。

車を使わずに歩く、階段を使用する、バスや電車では座らない、など日常のちょっとしたことが代謝アップに繋がります。

40代は酵素をしっかり補って!

40代に入ると、さらに代謝が落ちます・・。体内の酵素も20代のころに比べると半減してしまいます。ですが、老化現象とあきらめてしまわないで下さいね。

そういった衰えを改善するためにも、酵素をしっかりと摂る必要があります。酵素を意識した食事を作るのは意外と手間です。40代の人は仕事や家事、子育てとなかなか忙しい毎日ですよね。

なので、サプリが便利なんです。今までの食事に酵素サプリを加えるだけで、酵素が補えてしまいます。

代謝をアップさせるには酵素も重要ですが、やはり適度に体を動かすことも大切です。体を動かすと血流が良くなるので、さらに代謝がアップします。血流も良くなるので冷え性やくすみ肌の改善にもなりますね!

特別な運動をしなくても、歩くときは大股で早歩き、荷物を持つ時には筋肉を意識して、座る時には腹筋を意識して・・。など本当に日常の些細なことを意識するだけで体質や体調は良くなってきますよ♪

酵素が豊富な食事であればサプリは必要ない!?

ここまでは加齢とともに体内の酵素が減少すること、それとともに代謝が落ちて、太りやすく瘦せにくい体になってしまうことを説明してきました。

そして、酵素を補うためには酵素サプリが便利ですよ、とお伝えしました。ですが、もちろん食事から酵素を摂ることもできます。

酵素を多く含む食品は野菜や果物、発酵食品などがあります。ここで注意する点は、「酵素は熱に弱い」ということです。なので、多くの人は野菜ジュースを作って飲んでいるんですね。

十分な量の酵素を摂るにはそれなりの量を食べる必要があるので、その点からも野菜ジュースは便利です。ただ、問題となるのが、ジュースを作る手間と意外と費用がかかるという点です(笑)

野菜や果物は高値になっているので意外と費用が掛かってしまうんです・・。それらの事を考えると、サプリはとても便利ですね。

あと、忘れてならないのは体を動かすことです。いくら酵素を補っても、適度な筋肉がないと基礎代謝がアップしないので、太りやすい体のままです。

酵素が豊富な食生活と適度な運動を日常に取り入れて、美しく快適な日々を送りましょう!