Uncategorized

酵素でむくみを取ろう!老廃物を排出して部分痩せ!

投稿日:

朝、目を覚ますと、なんだかだるさを感じ、顔もむくんでいて、どんよりした気持ちで一日が始まってしまうことはありませんか?そんな悩みの種であるむくみの問題、解決したいですよね?

むくんでいる時、体の中はどうなっているの?

通常、身体には水分が行き渡っており、細胞もこの水分に浸かっています。この水分は「間質液(かんしつえき)」と呼ばれ、細胞と細胞の間に必要で、老廃物を排出するときにも欠かせないものです。

何かしらの理由により血液やリンパ液の巡りが悪化すると、本来、血管やリンパ管を通り、老廃物を排出するための間質液が体の中に残ってしまうのです。血液とリンパ液の流れが悪化すると、水分とナトリウムが体内に堆積してしまいい、腎臓の機能も阻害されるので、さらにむくんでしまいます。

むくみに気づいた時には、体の中の水分量は、限界を大きく超えてしまっている状態です。この時、腎臓には多大な負担がかかっています。むくみは、実は内臓が悲鳴をあげている状態なんです。

むくみの原因は?

先述したように、血やリンパ液の巡りが悪化することが、むくみを引き起こします。

血液やリンパ液の流れが悪化する理由として考えられるのは、

  • 体の冷え
  • 締め付けの強い下着の着用
  • 過度な飲酒
  • ストレス
  • 不規則な生活習慣
  • 食生活の乱れ(脂っこくて、塩分の高い食事など)

などです。これらは、長期間続くと、むくみだけでなく、様々な体の不調が引き起こします。

むくみには3つの種類がある

老廃物を含んだ「間質液」という水分が体内に溜まることで、むくみが起きることは説明しましたね。この状態を「水毒(すいどく)」ともいいます。特に女性の方が、この水毒になりやすいようです。

水毒は、大きく分けて、

  • 水分の過剰摂取による水毒
  • 塩分、水分が腎臓に溜まっていることによる水毒
  • 冷え性による水毒

この3つに分類できます。

それでは、それぞれの症状をチェックしてみましょう!

水分の過剰摂取による水毒

余分な水分の摂取が原因です。あまり体を動かさないけれど、よく水分補給をしてしまうといった方に多いです。

まぶたの腫れや顔のむくみが主な症状です。また、余剰な水分により、胃液が薄まって、胃腸の働きが弱まることも見受けられます。最近よく耳にする、「むくみ腸」にもなりやすくなるのです。

塩分、水分が腎臓に溜まっていることによる水毒

「なんだか体に力が入らない...」などといった脱力感が現れます。足や腰にだるさを感じることもあります。

特に、腎臓の働きが弱くなると、足のむくみが強く起こりますが、そのような状態の水毒は深刻なものと言えます。乱れた食生活、塩分や脂分の過剰摂取がしばしば原因として見られます。栄養バランスを考えた食生活を送り、規則正しい生活習慣を心掛けることがポイントです。

冷え性からくる水毒

体が冷えると、痩せにくくなったり、生理不順や生理痛が起こりやすくなったりします。

体内の循環不良により、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。せっかく運動しても、汗をかかないなど、代謝も悪化してしまいます。

むくみ解消に酵素が効く?!

「むくみと酵素に何の関係があるの?」と思われるかもしれませんが、酵素は上述のむくみの原因を解消してくれるんです。

酵素には、「消化」と「代謝」を促進する働きがあります。消化酵素や代謝酵素といった言葉を聞いたことはありませんか?それぞれ、文字通り、消化と代謝が行われるのをサポートする酵素です。特に、代謝酵素には、体の中の余分な水分を排出する働きがあり、むくみ解消に大きな効果を発揮します。しかし、食べ過ぎたり、飲みすぎたりしてしまうと、体内の消化酵素を使い切ってしまうことになり、代謝にまで酵素が使えなくなるのです。そして、最終的の原因になってしまうのです。

消化と代謝がしっかりと行われると、体重が増加することもなく、肌もキレイになります。酵素は、健康と美容の維持に不可欠な存在だと言えます。

むくみ防止におすすめの食べ物

塩分を含む食事を取った後、それを再び体の外へ排出するために摂取したほうがいい栄養素がいくつかあります。

サポニン(利尿作用があり、水分量を調整してくれます)

キュウリやトマト、トウガン、ケールといった野菜に多く含まれています。朝、野菜やフルーツのスムージーを飲むモデルの方が多いのも、余分な塩分と水分を体の外へ排出することが目的なんです。

カリウム(塩分排出に力を発揮します)

代表的なのは、バナナで、1本あたり約540mgのカリウムが含まれていると言います。他には、豆類、イモ類、ナッツ類、海藻類(とろろ昆布、干しひじき等)などにも含まれています。

ポリフェノール(抗酸化作用により血をサラサラにしてくれます)

よく知られたものとしては、アントシアニンやカテキン、イソフラボン等がこのポリフェノールに分類されます。

黒豆や大豆、ブルーベリー、コーヒー、緑茶、カカオ、ショウガなど、様々な食べ物がこのポリフェノールを含んでいます。赤ワインに含まれているという話もよく聞きますよね。

ビタミンB1

豚肉や豆腐、ホウレン草、カボチャ、ゴボウなどに含まれ、糖質の分解をサポートし、血液をサラサラにする栄養素です。

ビタミンB6

大豆やニンニク、バナナ、赤身魚(マグロ、サケ、サンマ、カツオなど)、レバー等に含まれており、タンパク質の分解を補助したり、血液をきれいにします。また、ホルモンバランスを整え、生理を緩和する効果があるため、月経前に起こりがちなむくみに対しても効果を発揮してくれます。

一度に複数の栄養素が摂取できる食べ物

むくみに効果的な栄養素を見てきて、何種類かの栄養素を含んでいる食材があることにお気づきになりましたか?

  • バナナ(カリウム、ビタミンB6)
  • 豆腐(ビタミンB1、ポリフェノール)
  • 大豆(ビタミンB6、ポリフェノール)
  • ホウレン草(カリウム、ビタミンB6、鉄分)

これらは、ぜひチェックしておきたい食材です!朝に、ホウレン草のソテーを食べ、バナナと豆乳のスムージーを飲むなどすれば、むくみ対策は万全ですね。

むくみを取るには漢方もオススメ

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

水太りしがちな人に適した漢方です。立ち仕事やデスクワーク、ブーツやヒールに起因する足のむくみに効果があります。ダイエット薬としても人気があり、汗をかくけれど、むくみがある方や肥満症の方にもオススメの漢方です。

体質的に疲労がたまりやすく、風邪を引きやすい方や、胃腸が弱い方にも効果を発揮します。

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

腎臓の働きを助け、血行を良くしてくれます。冷えが原因で低下した代謝の効率を元に戻し、水分がため込まれるのを防いでくれます。

猪苓湯(ちょれいとう)

上と同じく、利尿作用があり、水分のため込みを解決してくれます。のどが渇きやすく、尿量の少ない方、たびたび食欲不振や吐き気に悩まされる方におすすめです。

五苓散(ごれいさん)

利尿作用があるので、体内に水をため込みやすく、腎臓に負担がかかっている人に適した漢方です。水分過多による頭痛やだるさなどの緩和・解消が期待できます。

腎臓が弱ってしまうと、聴力の低下につながりかねないと言います。加齢とともに、難聴やめまいを起こす人もいます。そういった方は、ほとんどの場合、むくみにも悩まされていますので、この漢方を試してみてはいかがでしょうか。

-Uncategorized

Copyright© ラクビ口コミと効果と副作用ワイルド2019 , 2019 All Rights Reserved.